あなたが本を出版する際の注意!

著作権のお話シリーズです。
今回は、出版物についてです。

自分の本を出版したい、自己顕示欲を見たしたい。
そして印税収入も

私も若い頃、こんな夢を持ったことがあります。
まだ実現可能かもしれません。

この際に考えなければならないことは、著作権などです。
出版物には、著作権のほかに著作隣接権などが
発生します。

著作権は、本を書いた時に、自動的に発生します。
あなたの本を勝手に複製したり、翻訳したり、
ゲームに台本として使用したりなどすることを
禁止できます。

もし、相手が望むなら、契約を結んでロイヤリティ
を得てゲームの台本に使用させたりすることが
できます。

自分の出版物を通じて、コンテンツビジネスを
発展させることができます。

ここでは、著作権についての最低限の知識が
必要となるでしょう

著作権に関する許諾契約や権利処理は複雑な
ため、専門家である行政書士や弁護士などに
相談したほうがよいでしょう。

関連記事

  1. 特許庁の審査官との面接
  2. 行政書士の業務別の報酬
  3. 私の知的財産業務への道(2)
  4. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  5. 行政書士開業はローリスク
  6. 知財経営の実践(その3)
  7. 知的財産権講座第174回:商標管理の相談
  8. 理系行政書士とは?

最近の記事

PAGE TOP