知的財産権講座第190回:著作権法のポイント

著作権法のポイント

著作権法を理解するには、ここがわかればいい!
というポイントがあります。

その一つを紹介します。

著作隣接権です。

著作隣接権とは、

歌手やピアニストなどの実演家に与えられた権利です。

ピアニストなどの実演家には、
著作権は与えられません。

ピアニストなどの実演家は、新たな著作物を
創作しているわけではありませんから。

しかし、楽曲という著作物を演奏し、
「文化の発展」に貢献しています。

著作権法の目的は、著作物を保護することで、
文化の発展を図るためです。

そこで、一定のピアニストなどの実演家の
行為について、著作権法で著作隣接権
で保護しています。

ピアニストなどの実演家は、
著作隣接権を持つ。

著作隣接権といっても、何それ?!
という感じがあるかと思います。

著作権の重要なポイントの一つとして
覚えておいてください。

関連記事

  1. 行政書士は、こんなこともします
  2. 特許や商標などの手続をできますか?
  3. ホームページの著作権は誰のものか?
  4. 行政書士は、攻めのコンサルタント(1)
  5. 知的資産経営その44(外部専門家から知財の支援を受ける)
  6. 知的財産権講座第245回:著作権登録のメリットは?
  7. 知的財産権講座第310回:なぜ企業は、多数の特許出願をするのか?…
  8. 知的財産権講座第221回:コンピュータプログラムは著作権登録もし…

最近の記事

PAGE TOP