知的財産権講座第182回:知らないと後でもめる著作権のポイント

知らないと後でもめる著作権のポイント

 

他人の制作したイラストを、Tシャツ(商品)に
使いたいという場合

著作権を持っている権利者から作品(著作物)の
利用の許諾を得る場合には、お互いに
著作物利用許諾契約書を作成します。

契約書を作成のポイントは、2つあります。

・相手方が確かにその作品の権利者である
ことを確認する。

作品の制作者が、必ずしも、その作品の権利者である
とは限りません。

作品(著作物)の著作権が、他人に譲渡されて
いる場合があるからです。

・作品(著作物)の利用方法を具体的に
取り決めておく。

単に、利用許諾をしたというあいまいな
ものではいけません。

イラストを、Tシャツ(商品)に、どのように
使用するのかという具体例を契約書の中
に盛り込んでおく必要があります。

後で、利用範囲や利用許諾を受ける人が、
イラストを独占的に利用できるかなど利用権限
でもめないようにするためです。

なお契約書の作成で、迷ったら著作権を専門とする
行政書士などに相談することが必要です。

関連記事

  1. 知的資産経営その21(応用技術の保護)
  2. 知的資産経営その45(知財コンサルティング)
  3. 知的財産権講座第179回:TPPで著作権保護が「死後70年」に延…
  4. 知的財産権講座第294回:弁理士と行政書士、知的財産権の仕事の違…
  5. 知的財産権講座第253回:特許権を取得するためには?
  6. 行政書士の複業のススメ
  7. 知的資産経営その33(商標出願の手続き)
  8. 知的財産権講座第195回:パクリデザイナーと言われないために

最近の記事

PAGE TOP