特定電子メール法

メルマガなどの広告・宣伝メールが
いきなり送られてきました!?
メルマガ送信を「いいよ」と言っている人だけに
送信するということになっています。
特定電子メール法という法律で規制されています。
ただし、これは原則的な場合です。
特定電子メール法では、事前の同意が必要ない例外
を定めています。
・相手にメールアドレスが記載されている書面を通知した場合
例えば、メールアドレスが書いてある名刺を渡す場合です。
・インターネット上で、メールアドレスを「公表」している団体、
または営業を営む個人の場合
法律上は、こうですが、名刺交換した相手からメルマガが
いきなり送られてくるというのは、
印象や評判を悪くするので、やるかどうかは
よく考えるできでしょう。

関連記事

  1. 商標登録出願は、いつしたらよいのか?
  2. 知的財産権講座第310回:なぜ企業は、多数の特許出願をするのか?…
  3. 知財関連補助金業務
  4. 知的資産経営その38(外国出願戦略)
  5. 知的財産権講座第79回:特許査定とはなにか?
  6. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  7. 外国特許弁護士との交流
  8. 知的財産権講座第122回:著作権の一生

最近の記事

PAGE TOP