ブログ

知的財産権講座第183回:利益が出てから商標登録をしましょう!

利益が出てから商標登録をしましょう!

 

よく質問をいただくのは、
「いつ商標登録をすればよいのか」

小売業の方が、自分の商品のブランドを
保護するために商標登録をする場合、
いつ登録をすればよいのでしょう。

一番よいのは、商品のブランドを発売する前に
商標出願をすることです。

 

もし他人に自分の商品のブランドと同じか類似した
商標登録を取られてしまうと、商標権侵害の
恐れがあり、ビジネスを続けることができなくなる
可能性があるからです。

 

しかし、商標出願自体は自分でもできますが、
商標登録をるためには、専門的な知識や
手続きが必要なため、弁理士などの専門家に
商標出願を依頼する方がよいです。

 

その費用は、数十万円かかってしまいます。

中小企業者にとって、大きな費用です。

 

そこで、ビジネスが立ち上がり、その商品で、
ある程度の利益が生まれてきた時点で、
商標出願をするという手がよいと思います。

 

ただし、ここで注意すべきは、自分の商標と
同一か類似の他人の商標登録があるかを、
調査することです。

自分の商標と同一か類似の他人の商標登録が
あると、自分の商標が使えなくる恐れがあるからです。

ただし、
自分の商標が、需要者に広く知られている場合には、
使用が認められる場合があります。

いずれにしても、
自分のビジネスの状況を見極めて、いつ商標登録
をするかを判断する必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る