知的財産権講座第159回:知っておくと役立つ特許の話

特許権を侵害された場合の対応は
どうすればよいのか

 

特許権侵害とみなされる場合

インクジェットプリンタの構造についての
特許権があるとします。

その構造のためのみに使える重要な部品については、
特許権の範囲に含まれせん。
特許権の侵害にはなりません。

 

これでは、実質的に特許権侵害に直接に結びつく
ことになります。

 

発明の内容の全部を、実施していなくても、
特許権侵害をみなされるという規定があります。

これを、「間接侵害」といいます(特許法101条)。

特許権は、産業の発達を図ることが目的ですから、
やはり、特許権者に手厚い規定を設けています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第125回:著作権者が死亡した場合は?
  2. 会社顧問になる際に注意すべき点
  3. 知的資産経営第15回:知的資産経営と行政書士の役割
  4. 知財コンサルタントに求められること?(3)
  5. 知的資産経営第1回:行政書士としての知的資産経営支援
  6. 知的資産経営第6回:事業を継続するために必要なこと
  7. 知的財産権講座第233回:発明は、著作物でしょうか?
  8. 私は何をしてきたのか?

最近の記事

PAGE TOP