著作権と行政書士

行政書士の著作権業務として、著作権登録
があります。
わかりやすく説明したいと思います。

著作権は、登録しないで、例えばゲームソフトを
作成した時に発生します。
特許は、登録しないと権利が発生しません。

では、著作権登録は何のためにあるのか?

著作権は、知らないうちに発生しています。
あなたはゲームソフト開発ができたので、販売を
開始しようと考えます。

 

もし他の人が同じゲームソフトを開発していて
著作権が発生しているかもしれません。

他の人が自分の著作権を侵害している
として争い(訴訟)になるかもしれません。


ゲームプログラムの創作年月日を登録しておけば、
あなたが、その年月日に創作したものと推定されます。


あなたはどちらが先に創作されたものかが争点となる
場合、訴訟上、有利となります。

なお、この著作権登録制度は、著作権の存在自体を
公的に保証するものではありません。

著作権の登録申請は、行政書士の専門の業務です。

 

登録のご相談を受けた際には制度のご説明を
充分させていただかなければならないですね。

関連記事

  1. 人生経験を行政書士の業務に生かす
  2. 知的資産経営その18(大学との共同研究)
  3. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  4. 知的財産権講座第85回:知財と条約 パリ条約(1)
  5. 知的財産権講座第26回:著作権の利用
  6. 知的財産権講座第120回:著作権を許諾なく利用できる場合
  7. 弁理士からのアドバイス
  8. 知的財産権講座第321回:商標(ブランド)も行政書士の業務です

最近の記事

PAGE TOP