会社顧問になる際に注意すべき点

会社顧問になる際に注意すべき点

会社顧問の顧問料と所要時間について

会社顧問になると、毎月20万とかの
顧問料
がいただける、安定した収入
があります。

しかし、場合によっては、雑用が多くなり
時間に対するコストでは赤字になる
場合もあります。

そこで、一定の時間までは、顧問料の
範囲で行います。
それを超過すれば、追加料金をいただく。

知財部門で、弁護士、弁理士と顧問契約
を結んでいたことがあります。

ある顧問は、ほんのちょっとした相談でも
その都度、請求
してきました。

相談によっては、長時間を要する場合も
あります。

たとえば、出願や権利処理の相談に、
短い時間、相談しても、出願手数料の
他にさらに相談料を請求されるのです。

この相談料は、出願手数料に含まれている
のではありませんか

と思いました。

あまり、細かいのもクライアントに嫌われ、
そのうち契約打ち切りにするかもと
思ったものです。

反面教師ともいうべきですね。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第7回:特許要件
  2. 知的財産権講座第57回:著作権
  3. 行政書士の仕事は理解されていません!
  4. 知的財産権講座第128回:著作権の問題
  5. 知財国際行政書士とは?
  6. 特許や商標などの手続をできますか?
  7. 知的財産権講座第65回:サブマリン特許を生んだ先発明主義
  8. 知財経営の実践(その3) 知財の宣伝効果

最近の記事

PAGE TOP