知的財産権講座第103回:特許調査の方法(1)

特許調査の方法

ここでは、ビジネスモデル特許を例に
説明します。

特許庁のホームページに特許電子図書館
があります。
そこにアクセスすればよいです。

検索方法は、キーワード検索、IPC検索、
FI・Fターム検索があります。

検索の初心者には、キーワード検索を
お薦めします。

①キーワード検索
ざっくりとした当たり調査ならキーワード
を決めて、キーワード検索をします。
この場合だと、
「商品 サービス ポイント」などが
考えられます。

キーワードの決め方は、できるだけ
同義語を多く入れた方がよいですよ。
出願人によって、同じ意味でも用語の
使い方が異なるからです。

検索結果から、キーワードを再度、
検討する必要もあります。

細かいノウハウは、ケースバイケースです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第199回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  2. 起業コンサルタントと名乗ってはいけない
  3. 知的財産権講座第232回:著作権法がなければどうなるか?
  4. 知的財産権講座第328回:秘密保持契約を結ぶお手伝いをします
  5. 他人に理解させる努力
  6. 知的財産権講座第120回:著作権を許諾なく利用できる場合
  7. 知的資産経営第11回:あなたのは強みは弱みでもある?
  8. 自分で特許出願するのは難しいです

最近の記事

PAGE TOP