知的財産権講座第102回:著作権の契約書作成

著作権の契約書作成

著作物に関してトラブルが発生

・ホームページ制作に伴い、
誰の著作権になるのか?

・音楽・絵画・キャラクタなどの
著作権の利用範囲や帰属など
を明確に定めていない場合、
後で紛争になる場合があります。

紛争の未然防止が、行政書士の
役割です。

著作権相談や契約書の作成代行です。

もし、あなたが契約を自分で
やろうとします。

ネットで、契約書のひな型を
入手します。
果たして、自分で契約ができる
でしょうか?

法的に問題の無い契約書作成
ができるでしょうか。

マニュアル通りにできないので、
契約書の書き方を、教えて欲しい。

契約書がこれでいいのか法的に
チェックして欲しい。

問題があるなら直して欲しい。

社内でも、自分で見よう見まねで
契約書を作成すると、
このような話が出てきました。

このようなニーズに対応できる
ようにしていきたいと思います。

関連記事

  1. 特許や商標などの手続をできますか?
  2. 知的資産経営第31回:中小企業には特許戦略がますます必要
  3. 知的財産権講座第162回:知っておくと役立つ特許の話
  4. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  5. 知財人材データベースへ登録しました
  6. 知的財産権講座第45回:商標権
  7. 知的財産権講座第168回:デザインを保護したいという相談
  8. 「知財国際行政書士」になる

最近の記事

PAGE TOP