知的財産権講座第102回:著作権の契約書作成

著作権の契約書作成

著作物に関してトラブルが発生

・ホームページ制作に伴い、
誰の著作権になるのか?

・音楽・絵画・キャラクタなどの
著作権の利用範囲や帰属など
を明確に定めていない場合、
後で紛争になる場合があります。

紛争の未然防止が、行政書士の
役割です。

著作権相談や契約書の作成代行です。

もし、あなたが契約を自分で
やろうとします。

ネットで、契約書のひな型を
入手します。
果たして、自分で契約ができる
でしょうか?

法的に問題の無い契約書作成
ができるでしょうか。

マニュアル通りにできないので、
契約書の書き方を、教えて欲しい。

契約書がこれでいいのか法的に
チェックして欲しい。

問題があるなら直して欲しい。

社内でも、自分で見よう見まねで
契約書を作成すると、
このような話が出てきました。

このようなニーズに対応できる
ようにしていきたいと思います。

関連記事

  1. 知財検定の勉強方法
  2. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?
  3. わかってもらえませんね!
  4. 素人に仕事を依頼したいですか?
  5. 知的財産権講座第98回:著作権の権利処理・調査
  6. 外国特許弁護士との交流
  7. 知的財産権講座第215回:米国著作権登録のすすめ
  8. 知的財産権講座第265回:ミッキーマウスよ、永遠に!

最近の記事

PAGE TOP