知的財産権講座第82回:出願公開された発明をまねされたら?

出願公開された発明をまねされたら?

 

原則として、出願をしてから1年6カ月を
経過すると、特許出願は公開されます。

特許権が認められたわけではありません。
注意が必要です。

出願公開された発明の内容を見て、他人が
まねするかもしれません。

まだ、その発明には特許権はありません。

この場合の、特許出願人への救済措置は

これが無いなら、特許出願をしようと
思わなくなるかもせれません。

この場合は、出願公開された後で、特許権
の設定登録がされるまでの間に、
出願公開された発明を業として実施した
者に対して、補償金の支払いを請求できます。

補償金請求権(特許法65条)です。

しかし、この補償金請求権は、特許権
の設定登録がされた後でないと、
行使できません。

ご注意ください

出願公開されただけでは、何の権利も
認められていないからです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第98回:著作権の権利処理・調査
  2. 私の目指す知的財産コンサルタントとは?
  3. 知財活用エキスパートとして紹介されています
  4. 知的財産権講座第300回:コンピュータ・プログラムの登録も行政書…
  5. 知的財産権講座第110回:著作者が持つ権利とは
  6. 知的財産権講座第41回:意匠権
  7. 私の知的財産業務への道(2)
  8. 知的財産権講座第120回:著作権を許諾なく利用できる場合

最近の記事

PAGE TOP