知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外

新規性が失われた場合の例外

 

特許を受けるためには、発明は新しいもの
でなければなりません(新規性)。

しかし、例外規定があります。

新規性の喪失の例外(特許法30条)の規定です。

以下、解説します。

発明の内容を、学会で発表する。
発明の内容を含む新製品を展示会で公表する。
これらの行為は、産業の発達に役立ちますね

ふつうで言えば、発明の内容を学会で発表
したことにより、新規性が失われますが、
これらの行為の後で、一定の手続をすれば、
新規性が失われなかったものとされます。

新規性の喪失の例外(特許法30条)の規定
の適用を受けようとする場合は、
その旨を記載した書面と、規定の適用を受けられる
発明である証明書を特許出願日から30日
以内に提出しなければなりません。

例外規定なので、発明の範囲が学会などで発表
した内容と同一のものと限定されてしまい
、後で補正しにくいなど問題がある場合も
多いです。

したがって、実務では、この例外規定は使わず、
学会などで発表する前に、その発明を特許出願
します。

発表前に、その発明の特許出願が間に合わなかった
場合の「保険」のような規定だと思います。

関連記事

  1. 理系行政書士とは?
  2. 知的資産経営その17(共同研究開発契約)
  3. 知的資産経営その45(知財コンサルティング)
  4. 知的財産権講座第294回:弁理士と行政書士、知的財産権の仕事の違…
  5. 特許翻訳のテストに合格しましたが・・・
  6. 知的財産権講座第169回:商標調査
  7. 知的資産経営第38回:知的資産とは何か?
  8. 知的財産権講座第327回:ネットビジネスには知的財産権の理解が必…

最近の記事

PAGE TOP