知的財産権講座第194回:コンピュータ・プログラムは著作権でも保護される

コンピュータ・プログラムは、著作権でも
保護されます。

著作権と特許権との違いは?
これを勘違いされる人がいます。

その1、保護する対象が違います。

特許権の保護対象は、「アイデア」

著作権の対象は、小説、絵画、美術、
コンピュータ・プログラム、映画など

著作権は、「表現」を保護します。

具体的には、コンピュータ・プログラムを
例に説明します。

あなたは、自動車のエンジンを制御する
コンピュータ・プログラムを開発しました。

コンピュータ・プログラムは、従来にはない技術的に
新しいアイデアに基づくものです。

「アイデア」としては、特許権として保護します。

一方、コンピュータ・プログラムは、コンピュータ言語
で「表現」されたものです。

そこで、コンピュータ・プログラムの「表現」は、
著作権としても保護されます。

ただし、自動車のエンジンを制御方法自体は、
著作権では保護されません。

コンピュータ・プログラムは、著作権で
保護されます。

ここが重要です。

関連記事

  1. 新たに知財関連補助金業務に取組みます
  2. 他人に理解させる努力
  3. 知的財産権講座第187回:ネットビジネスと商標権
  4. 知的財産権講座第105回:特許調査結果から
  5. 知的資産経営第34回:自社の秘密が漏れないような管理が重要
  6. 知的財産権講座第328回:秘密保持契約を結ぶお手伝いをします
  7. 知的財産権講座第111回:なんと無断でデザインを変更された!
  8. 知的財産権講座第27回:著作権の利用

最近の記事

PAGE TOP