知的財産権講座第26回:著作権の利用

2013年11月24日実施の知的財産管理技能検定第16回より2級実技試験

X社の法務部員甲は、コンテンツの利用方法について発言1~3をしている。
発言1~3について、適切と考えられるか。

発言1  「コンテンツAは、わが社の社長を撮影した写真です。会社の
パンフレットに掲載するために撮影したのですが、社長の後ろに
画家乙が描いた絵画の一部分が小さく写り込んでいました。
この写真を会社のパンフレットに撮影するためには、乙の許諾を
得る必要があります。」

正解は、×

理由を一言でいえば、著作物ではあるが、著作権が制限される場合に
あたるため。

この問題のポイントは、
社長の後ろに「画家乙が描いた絵画の一部分が小さく写り込んでいました」
これが、画家乙の絵画の著作権を侵害するかどうか?

画家乙の絵画の著作権を侵害していれば、乙の許諾を得る必要があります。

画家乙が描いた絵画の一部分が小さく写り込んでいる社の写真は
著作物です。

もちろん、画家乙が描いた絵画の一部分が小さく写り込んでいる写真も
著作物です。

しかし、この場合、社長の写真がメインであり、画家乙が描いた絵画は
その一部でしかありません。
そのまま、画家乙が描いた絵画のコピーではありません。
あくまで、絵画は背景にしかすぎません。

著作物は、引用が認められます。
この場合は、著作権の侵害にはあたりません。

なお他人の文章を、引用する場合には、その文章の出所を表示する必要が
あります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第126回:著作権法の対象とは?
  2. 知財コンサルタントになる
  3. 行政書士の資格を忘れた訳ではない
  4. 知的財産権講座第144回:知っておくと役立つ特許の話
  5. 知的財産権講座第288回:「不思議の国のアリス」をポルノ画像には…
  6. 知的資産経営その19(第三者の技術活用)
  7. 知的財産権講座第123回:著作権は、いつ消滅するのか?
  8. 知的資産経営その46(知財コンサルティング)

最近の記事

PAGE TOP