知的資産経営第2回:知的資産経営の導入をお手伝い

知的資産経営の導入をお手伝い

 

知的資産経営を知っている

と企業経営をしている知り合いに質問してみたところ

それは特許や商標でしょう

そんな大それたものは持っていない関係ありません
との答えでした。

知的資産経営は特に中小企業では重要ですよ
実は、誰にも、どんな方にも必要なものです。

私は知的資産経営については、
経済産業省知的財産政策室が作成のガイドライン
から勉強させてもらっています。

知的資産経営の導入支援とは

経済産業省の知的資産経営の開示ガイドライン
中小企業のための知的資産経営マニュアルなど

お役所の作成したマニュアルを読んでも
自分自身、今一つ頭に入ってきません。

というわけで、自分なりに知的資産経営マニュアル
を元に知的資産経営の導入についてまとめてみました。

私はメーカーで商品企画の仕事をやってきましたが
まさに、その経験は知的資産経営の導入
であったと思います。

知的資産経営とは、自分の持っている
「見えない資産=知的資産」を知り、
それ文書にまとめて、
知的資産経営を実践し、
それを振り返るプロセスです。

PDCAサイクルです。

PLAN=知的資産を見つけて、それを文書にまとめる

DO=知的資産経営を実践する

CHECK=知的資産経営を振り返る

ACTION=次の改善に取り組む

PDCAサイクルとは、
このサイクルを、どんどん回していくことです。

 

知的資産経営の導入とは、このPDCAサイクルを
企業の経営に取り入れることです。

ちなみにPDCAサイクルは、どなたにも仕事を
する上で必要なことです

知的資産経営とは何かを理解し、自分の企業の中に
知的資産経営を根付かせていくことが必要です。

そのためのお手伝いをすることが
知的資産経営の導入支援です。

行政書士としての知的資産経営支援 です。

中小企業診断士や行政書士などの専門家が
知的資産経営の企業への導入を支援しています。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第163回:知っておくと役立つ特許の話
  2. 知的財産権講座第93回:外国出願の補助金制度を使う
  3. 知的財産権講座第119回:著作権を許諾なく利用できる場合
  4. 知的財産権講座第189回:特許出願しないで発明を保護する方法
  5. 知的財産権講座第206回:外国出願の手続きはどのようなものか?
  6. 知的財産権講座第292回:侵害品の輸入差止
  7. 知的財産権講座第59回:知財検定
  8. 知的資産経営第38回:知的資産とは何か?

最近の記事

PAGE TOP