知的資産経営第24回:知的資産経営報告書

知的資産経営報告書

 

知的資産経営の実践では報告書という形で表現

したものが、「知的資産経営報告書」です。

 

中小企業で知的資産経営の実践、「知的資産経営報告書」
作成を全て自前で行うことは負担も大きく難しいため
専門家が支援、アドバイザーとなるわけです。

 

ここでいう専門家とは、中小企業診断士、公認会計士、
弁理士、行政書士、弁護士などです。

 

支援者の役割としては、知的資産経営報告書の
作成支援と検証支援という2つがあります。

 

・知的資産経営報告書の作成支援

作成したことがない企業に対して、社内のリソースが
足りない場合に、報告書を企業からヒアリングして
支援者自らが作成する。

 

あるいは、プロジェクトの推進役として作成支援を行うです。
私の商品企画の仕事は、まさにプロジェクトの推進役として
報告書の作成支援を行っています。

 

・知的資産経営報告書の検証支援

作成する知的資産経営報告書は、第三者に公開する
ものです。

 

そこで、報告書の内容に客観性が求められます。
支援者は、第三者の視点から、そして経営学の
手法も用いて報告書の内容を検証します。

 

私としては、これらの役割を、これまでの仕事の経験と
新たに経営学の手法を学び、対応できるようにしたいと
考えています。

関連記事

  1. ビジネスモデル特許を考えましょう(2)
  2. 知的財産権講座第92回:外国出願をするかどうか?判断
  3. 知的財産権講座第51回:不正競争防止法
  4. 知的財産権講座第27回:著作権の利用
  5. 知的財産権講座第224回:ビジネスモデル特許とは何か?
  6. 知的財産権講座第308回:著作権と行政書士(2)
  7. 知的財産権講座第173回:登録商標の使い方
  8. 知的資産経営第18回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット

最近の記事

PAGE TOP