相続手続きについてのお問い合わせ

日本の遺産分割の争いは、毎年増加しています!
それは、遺産を分割する話し合いの長期化、難しさを
示しています。
相続人は皆さん権利を主張し合います。

子供のいない夫婦、単身者の増加、家族関係も多様化しています。
相続のトラブルは増加しており、残念ですが減りそうもありません。
しかし、トラブルのすべてを裁判で解決することはできません。

相続手続きについて、以下の問い合わせをいただきました。

◆問い合わせ

母が先日亡くなりました。
息子のAさんは、母名義の預金を自由に下せたことを
いいことに、そのうち200万円を自分自身の生活費や
旅行費用に使ってしまいました。

この場合、Aさんが相続財産を相続したことになる
(単純承認)のでしょうか。
なお、亡き母の入院費用や葬式の費用にあてた場合はどうなりますか。

◆回答
この場合は、相続財産を相続したことになる(単純承認)となります。
また、入院費用や葬式の費用にあてた場合は単純承認と
はなりません。
私は、円満な相続のための遺言書作成、
当事者による自主的な遺産分割の話し合いによる解決も
支援しています。
遺言・相続手続のご相談
行政書士立花信一事務所へ

 

関連記事

  1. 行政書士は、攻めのコンサルタント(1)
  2. 遺言書に、こんなことを書いても無効です
  3. 遺言書作成の流れ12(相続法改正について)
  4. 遺言・遺産相続についてのご相談その2
  5. 相続手続きの流れその17(遺産分割の調停)
  6. 遺言・相続をよく勉強されている「ふつう」の人
  7. 自分の遺言書を作成して気付いたこと
  8. 遺言書の効力

最近の記事

PAGE TOP