ブログ

会社設立を行政書士へ依頼するメリット

会社設立の手続きを行政書士に依頼するメリット

 

株式会社や合同会社や一般社団法人、NPO法人などの法人設立は、自分でもできることです。
しかし手続きが複雑で思わぬ時間がかることになりがちです。
自分で、会社設立の手続きを調べて、すべてを行うことは難しいです。
会社等を設立する際には、設立手続き以外に、やるべきことが多くあります。
特に集客、営業は、会社設立をするあなたしかできないことです。
あなたの目的は、会社を作ることではありません。
実現したいことのあくまでスタートにすぎません。
会社設立の手続きは、会社設立の専門家がやることができます。
法人設立の専門家である行政書士に依頼しましょう。

 

会社設立専門の行政書士の選び方

 

法人設立では、「設立」という結果では、どの行政書士に依頼しても差がありません。
行政書士の中には、低価格を売り物にしているところがあります。
しかし、価格だけで行政書士を選ぶことは賢明ではありません。
低価格を売り物にしている行政書士事務所は、お客様からじっくりと話を伺う十分なヒアリングをしない場合があります。
そうすると、設立後にも定款の変更が必要になってしまうリスクがあります。
たとえば、許認可を取るのに必要な事業目的が定款に入っていない。
自宅を本店にしてしまい要件を満たさないなど。
かえって、お客様に手間が費用もかけてしまいます。
また、じっくりと話を聞いてもらうことで、株式会社と合同会社のどちらを選らんだらよいかといった、将来のメリットを考えた提案をしてもらえます。
お客様とできる限りじっくりとヒアリングして、密なコミュニケーションを取りつつ仕事を進めてくれる行政書士がよいでしょう。
会社設立手続きだけでなく付加価値を与えてくれる行政書士を選びましょう。

会社設立を総合的にサポートしてくれる行政書士

 

会社設立では、登記は司法書士の仕事で、行政書士は登記をすることができません。
基本的には、行政書士が行うのは基本的に定款作成と定款認証です。
お客様にはとっては、司法書士であれ行政書士であれ、会社設立ができればいいのです。
また、会社設立後には、税務署への届出や社会保険の届出などがあります。
場合によっては、税理士や社会保険労務士が必要になります。
行政書士に依頼するとこれらの設立後の手続きを案内してくれて、それに伴い提携している専門家を紹介してもらえるというメリットがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る