ブログ

会社設立時の開業資金の借り方

会社設立時の資金の調達方法

 

会社を設立した創業時には、いろいろと資金が必要です。
設備資金や運転資金の確保が必要となります。
たとえば事務所を借りれば家賃や保証金、事業に必要な備品、ホームページの作成費用などです。
創業時には、資金の調達が重要な問題となってきます。
これらの創業時の資金を、自分ですべて調達することは困難な場合があります。
そこで創業時には、資金を他から調達することを検討してみましょう。
創業時の資金の調達方法は、大きく分けて次の2つとなります。

・日本政策金融公庫の融資
・都道府県や市町村と民間金融機関が共同で設けている融資

 

会社を設立した創業時に金融機関から融資を受けることは大切な機会です。
創業時こそ、将来の会社の成長のため事業の発展のため融資を受けることが重要です。
設立したばかりの会社は、事業実績がありません。
事業が成功するかどうかはわかりません。
融資を受けるためには、事業に対しての意欲や計画で融資を受けられる可能性が高まります。
事業の実績がないからこそ計画が実現可能であると説明する客観的な根拠を示す必要があります。
設立したばかりの会社は、民間の金融機関から融資を受けることは困難になります。
実績が不足している、リスクが大きいなどの理由からです。
しかし、事業を進めめるためには、資金調達が必要です。
そこで、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」と各自治体が行っている「融資制度」を検討してみましょう。
日本政策金融公庫の扱う融資制度の中でも創業者に最も活用されているのは「新創業融資制度」です。

創業融資のために専門家の力を借りる

 

融資の申し込みのためには、「借入申込書」や「創業計画書」などの書類の提出が必要です。
この中で、特に「創業計画書」の作成が重要です。
融資を受けるためには、事業に対しての意欲や計画を「創業計画書」に記載します。
融資を受けられるかどうかは、創業計画書の出来次第といっても過言ではありません。
融資を受けられる可能性を高めるために、どのように創業計画書を作成すればよいのか。
これは、初めて創業計画書を作成する場合には、なかなかわからないことです。
そこで、創業融資のために行政書士なども専門家の力を借りることを検討してみましょう。
創業融資を支援する行政書士なども専門家は、多くの経験から融資を受けるための創業計画書作成のノウハウを持っているからです。

関連記事

ページ上部へ戻る