やはり起業には、簿記や経理の知識が必要なのか?

起業家の会社設立のお手伝いは、
行政書士や税理士などが業務としています。

 

行政書士の資格を取ってそれを活かして
開業することも起業です。

 

起業には、簿記や経理のやはり基本的な
考え方は理解しておく必要
があります。

 

 

時間を、お金で買うということで、
お金の話は、税理士に依頼する
という方法もあります。

 

しかし行政書士の建設業許可や産業廃棄物業許可
の仕事でも、簿記や経理の知識は必要です。

 

何をするにも、やっぱりお金は大事です。

ということで、
建設業などの許可を取得するのにも、
お金の面は大丈夫か
ということが求められます。

 

私も簿記や経理の知識が全くないのでは
まずいと思い、勉強しました。

 

ただ、漫然と簿記や経理の本を読んでも
身につきません。

 

そこで、目標を持って勉強することで、
知識は身につくと思い、
簿記3級合格を目指し勉強しました。

 

おかげで基本を理解することができました

関連記事

  1. 一番わかる会社設立と運営の仕方
  2. 会社設立の際には商標調査が必要です
  3. 会社設立の流れその3
  4. 行政書士だけでは食っていけない?
  5. 会社設立の流れ15(合同会社か株式会社か?)
  6. 成功している同業者のまねをすればうまくいく
  7. 会社設立の流れ11(資本金の払い込み)
  8. 会社設立の流れ17(合同会社の定款の作成)

最近の記事

PAGE TOP