会社設立の費用

株式会社設立の費用

会社設立の中でもその数が多い株式会社設立の費用ははいくらかかるか?

約25万円かかります。

株式会社設立の費用は、次の3つとなります。

1.定款の認証費用

2.設立登記の登録免許税

3.会社の登記事項証明書、印鑑証明書の取得費用

 

次に、これらの費用の内訳は以下です。

1.定款の認証

定款の認証は、公証役場が窓口です。
認証手数料:5万円
収入印紙:4万円 電子定款認証にすると収入印紙代は不要です。
定款の謄本手数料(4枚):1000円 1枚250円×枚数

 

2.設立登記の登録免許税

法務局が窓口です。
登録免許税:15万円

 

3.登記後の書類取得

会社の登記事項証明書(3通):1800円 登記事項証明書は1通600円×3
会社の印鑑証明書(1通):450円

 

その他として、会社の印鑑作成費用がかかりますが、
費用は、印鑑の材質によって異なります。
インターネットで購入すると安く入手できます。

これらの合計で、株式会社設立の費用は、約25万円かかります。

なお、これらの費用は、株式会社設立の手続きを自分でやってもかかる費用です。
株式会社設立の手続きを、行政書士など専門家に依頼すると、その費用が別途かかります。

関連記事

  1. 会社設立時の開業資金の借り方3
  2. 会社設立の流れ12(法人化)
  3. 会社設立の流れ18(合同会社の出資金の払い込み)
  4. 会社設立の流れ11(資本金の払い込み)
  5. 会社設立の流れその7(役員)
  6. 会社設立の流れ10 (登記申請)
  7. 会社設立の流れ17(合同会社の定款の作成)
  8. 株式会社設立後の手続きについて

最近の記事

PAGE TOP