会社設立の費用その2

電子定款認証

会社設立の中でもその数が多い株式会社設立の費用ははいくらかかるか?

株式会社設立の費用は、次の3つとなります。

1.定款の認証費用
2.設立登記の登録免許税
3.会社の登記事項証明書、印鑑証明書の取得費用

1.定款の認証は、公証役場が窓口です。
認証手数料:5万円
収入印紙:4万円 電子定款認証にすると収入印紙代は不要です。

 

電子定款認証の費用

このうち定款の認証は、電子定款認証にすると収入印紙代は不要となります。

通常ですと、会社設立の費用は、自分でやっても行政書士などの
専門家に依頼しても、約25万円かかります。
電子定款認証にすると、約21万円(収入印紙代0)となります。

電子定款認証にすると、4万円もお得になります。

 

電子定款認証の手続き

では、自分で電子定款認証の手続きをやろうと考えるかと思います。
しかし、電子定款認証を手続きをやるためには、ICカードリーダーや
ソフトウエアなどを事前準備しなければなりません。

 

その費用と手間を考えると、自分で電子定款認証を手続きをやるよりも
行政書士などの専門家に依頼するほうがよい場合があります。

なお、電子定款認証を専門家に依頼して、登記などの手続きを自分で
やるという選択もあります。

関連記事

  1. やはり起業には、簿記や経理の知識が必要なのか?
  2. 会社設立の流れ23(資本金の額)
  3. 会社設立の流れその6(商標登録)
  4. 「大富豪の投資術」から学ぶ
  5. 会社設立(法人成りその2)
  6. 会社設立の流れ9(電子定款認証)
  7. 行政書士だけでは食っていけない?
  8. 行政書士と司法書士の業務のいい関係

最近の記事

PAGE TOP