株式会社設立の流れ

株式会社設立の手続きの流れ

 

株式会社設立の手続きは、大まかな流れとして、次のようになります。

1.定款の記載事項を決定

2.必要書類を収集

3.定款の作成

4.公証役場にて定款認証

5.法務局にて登記申請

 

定款の記載事項について

 

1.定款の記載事項を決定

①定款の記載事項では、商号、本店所在地、事業内容、資本金の額などを決定します。

これらの中では、特に事業目的に注意しましょう。

許認可によっては、事業目的が入っていることが要件となります。

 

②例えば、宅建業では、本店所在地は営業所と同じ場所である必要があります。

また、古物商や建設業など許認可によっては、事業目的が入っていることが要件となっているものがあります。

 

③定款の記載事項を決定する際には、今後の事業展開についてもしっかりと考えておきましょう。

設立時に作った定款に必要な事業目的が入っていないと、目的変更の手続きが必要になり、無駄な費用や時間が発生してしまいます。

 

定款の記載事項を決定する際には、会社設立の専門家の行政書士に相談しましょう。

 

関連記事

  1. 会社設立の費用その2
  2. 商品を提供ではなく価値を感じてもらう
  3. 行政書士は食えないという実態
  4. 行政書士のヒアリング力を確認しよう!
  5. 行政書士と税理士の業務のいい関係
  6. 会社設立(法人成りその1)
  7. 会社法の勉強は役立ちます
  8. 成功している起業家は、お金を使う基準を持っています

最近の記事

PAGE TOP