会社設立の流れ11(資本金の払い込み)

株式会社設立の手続きは、大まかな流れとして、次のようになります。

1.定款の記載事項を決定

2.必要書類を収集

3.定款の作成

4.公証役場にて定款認証

5.法務局にて登記申請

 

資本金の払い込み

定款認証まで終わると、次は資本金の払い込みをします。
資本金は、発起人の代表者の個人口座に振り込みます。
発起人が複数いる場合は、1名を発起人の代表者と決めて、その代表者の個人口座に振り込みまたは入金をします。

個人の口座に振り込むこととなるのは、まだ会社の登記が済んでいないからです。
会社として成立していないため、会社の口座を金融機関に開設できません。

 

資本金を振り込むために、個人の口座を新たに開設する必要があるか?

個人の口座を新たに開設する必要はありません。
定款認証まで終わって、会社が成立して会社の口座を開設するまでの、一次的な資本金を預けておくためだからです。
すでにある口座を利用してもかまいません。
ただし、個人で使用している口座と、会社の使用している分をはっきりと分けておく必要があります。
そこで、会社設立用の口座を新たに開設するほうが、わかりやすいです。
なお、金融機関は、普段利用しているところでかまいません。

 

資本金を払い込む時期

定款の作成日以降であれば問題ありません。
定款認証まで終わった後に払込みをすればよいでしょう。
定款の作成日より前に資本金の払い込みをしてしうと、法務局の登記の際に、認められない可能性があります。
注意しましょう。

関連記事

  1. 株式会社設立の流れその8
  2. 会社設立の流れその6(商標登録)
  3. 会社設立の費用
  4. 会社設立の流れ9(電子定款認証)
  5. 会社設立の流れその5(商号)
  6. 会社設立の流れ10 (登記申請)
  7. 会社設立時の開業資金の借り方3
  8. 会社設立の資本金その1

最近の記事

PAGE TOP