注意!遺書と遺言書は違います

注意!遺書と遺言書は違います

 

遺言書でできること

遺書と遺言書は違う

遺書と遺言書は同じものと思っている
人がいます。

私も最近までそうでした。

法律上は遺書と遺言書は明らかに違うものです。

「兄弟仲よく暮らしてくれ」
「あとはよろしく頼む」とか
遺書は、どんな形式でも自由です。

しかし遺言書となると法的な効力が伴うので
一定の形式でないと遺言書とは認められません。

ふつうの人が自分で遺言書を書くと無効に
なりやすいです。

そこで行政書士などの専門家のアドバイスが
必要になるわけです。

関連記事

  1. やはり専門用語を使わず、わかりやすく!
  2. 相続手続きの流れその15(遺産の無断処分)
  3. 遺言書作成の流れその7
  4. 「専門家としての名刺」がよいです
  5. 遺言書の作成(公正証書遺言)
  6. 遺言書の効力
  7. 遺言書を残しておいた方がよい人は?
  8. これは、どこに相談すればいいのか?

最近の記事

PAGE TOP