遺言・相続をよく勉強されている「ふつう」の人

遺言・相続をよく勉強されている「ふつう」の人

以前、「ふつう」の人には、行政書士の業務内容を
専門用語では、わかりにくいとのことを
書きました。

しかし、「ふつうの」人でも、遺言・相続に
ついてよく勉強されている方が
セミナーに出席されていました。

例えば、以下の質問です。
これは質問というより、個別の相談
でしょうね

行政書士試験の民法の事例問題みたいです。
内容を、わざとそのように変えています。

 

①遺産でない財産を含めて分割してしまったら
分割した遺産のうちAが相続した一部分
の土地については、他の第三者が所有している
ことがわかりました。

Aが相続した土地は、全体の一部分に過ぎません。
どうしたらよいでしょうか

私は、すぐに答えが思い浮かびませんでした。
もちろん、勉強中の身ですから当然ですね

後から、民法を復習して回答を考えました。

この場合は、
遺産外の土地が一部分に過ぎないので、
遺産に瑕疵(法律上の欠陥)があったとして、
他の相続人に対して、担保責任(欠陥を補う)
を求めることができます。

 

すなわち、皆が公平になるように、
他の相続人に不足分を請求できます。

 

その計算の仕方は、
相続人全員が不足分を補い合う(担保する)
ことが原則です。

不足分を相続人全員で、按分して
(各相続分に比例して)分担することに
なります。

Yahoo知恵袋などで、調べれば内容が正しいのか
ということは、ありますが、何らかの
回答は得られます。

専門家や士業の知識の専門性とは
改めて考えさせられました。

関連記事

  1. 遺言・遺産相続についてのご相談その1
  2. 注意!遺書と遺言書は違います
  3. 遺言書作成の流れ8(遺言書のサンプル)
  4. 相続手続きの流れその18(遺産分割)
  5. 遺言書を残しておいた方がよい人は?
  6. 相続手続きの流れ
  7. 遺言書を勝手に開封してはいけません
  8. 相続手続きの流れその6(遺産分割協議)

最近の記事

PAGE TOP