生活の悩みどこへ相談!?

普段の生活では、士業にあまり馴染みが無い
ので、具体的な業務区分や何を誰に相談
していいのか分からないことが多い
のではないでしょうか

行政書士、税理士、司法書士、弁護士、
社会保険労務士、土地家屋調査士

紹介されていました。

 

行政書士の業務としては、

相続の分野では、遺産分割協議書の作成

会社設立の場合の、定款(ていかん)の
作成認証

業務を行う上での許認可が紹介されていました。

以下、私が思うに、
上のような士業の扱う手続きは、
もちろん、本人で申請が可能です。

しかし専門性が高いため、個人では全体を
見渡した手続ができない。
そのために、思わぬ誤りや失敗の元
になると思います。

手続によっては、様々な士業との
ネットワーク
を持っているかが
重要となります。

相談しようとする人は、何よりも信頼して
相談できる専門家を見つけておくことが、
いざという時に安心です。

 

関連記事

  1. 相続手続きの流れその2
  2. 相続手続きの流れ19(遺産分割後の手続き)
  3. 遺言書を残しておいた方がよい人は?
  4. 相続手続きの流れその12(相続の放棄)
  5. 相続手続きの流れその9(遺産分割の対象)
  6. 会社設立の流れ15(合同会社か株式会社か?)
  7. 会社設立の流れその8
  8. 遺言書に、こんなことを書いても無効です

最近の記事

PAGE TOP