独立した人のうち60%が年収300万円以下

起業10年後に残っている経営者はたったの5%です。

また、独立した人のうち60%が年収300万円以下

という事実もあります。

これは中小企業庁が発表した小規模企業白書に書かれています。

ほとんどの起業家は、より多くの収入やより豊かな自由な時間を
求めて起業するにも関わらず、いざ始めてみると、
思うような収入を得られないのが現状です。

それどころか、サラリーマン時代よりも長い労働時間を
強いられる場合もあります。

長い労働時間といっても、サラリーマン時代の仕事の
やらされ感がないので、さほど苦痛には感じませんが。

起業することは大変だと考えていても、
むしろ事業を継続することの方が難しいです。

その苦境から抜け出すための秘訣は?

マーケティングです。

私はマーケテイングを勉強するために、いろいろな
マーケテイングの本を読みました。

マーケテイングの知識は得ました。

しかし、マーケテイングは、広告を打つ、チラシを入れる、
ホームページやブログ作成、交流会に出る、知人と会う、
名刺を配るなどの実践をし改良しながら
やっていくしかありません。

試行錯誤をしながらやっていきます。

 

関連記事

  1. 行政書士業務ごとの関連を知る
  2. 化学系なら行政書士になろう
  3. 副業としての週末行政書士
  4. 会社設立の流れ21 (一般社団法人)
  5. 行政書士の会社設立業務は税理士とコラボ
  6. プラス思考になるためにやっていること
  7. ホテル・リッツカールトンから学ぶ
  8. これからの行政書士の仕事は?

最近の記事

PAGE TOP