行政書士と社会保険労務士の業務のいい関係

社会保険労務士との付き合い方は
どうなるのか?

会社や法人設立の仕事をしようとしていますので、
将来、考えていくべき点です。

会社や法人設立して、従業員を雇う場合には、
社会保険の手続や労災保険の手続が必要です。

 

会社や法人設立して、最初から、従業員が複数
いるという場合は、社会保険の手続きを
社会保険労務士さんに依頼するほうが
会社の社長さんには楽です。

社会保険労務士さんを会社の社長さんに
紹介するということになります。

しかし、
ある程度の規模の会社と関わっていないと
社会保険労務士さん関わる仕事は発生
しないと思います。

行政書士と社会保険労務士との兼業という
事務所もありますので、その場合は別です。

 

また、
起業に当たって助成金をもらうことについては、
厚生労働省関連の情報収集し、社会保険労務士さん
との連携を考える必要もあると思います。

行政書士と社会保険労務士の業務のいい関係
を築くということを頭の中に入れておこうと
思います。

会社や法人設立の仕事をしようとしていますので、
将来、考えていくべき点です。

関連記事

  1. ゆるい人間関係が、お客様につながってくる
  2. こんな人はネットショップ古物営業にふさわしくない
  3. 会社設立時の開業資金の借り方2
  4. 商品を提供ではなく価値を感じてもらう
  5. 行政書士だけでは食っていけない?
  6. 常連客を大切にしましょう
  7. 「一」という数字は非常に危険な数字です
  8. フリーランスになってのデメリット

最近の記事

PAGE TOP