起業時に頼りになる専門家の活用方法

独立して起業したい。

個人事業にするか、会社を作るか

個人事業と会社はどう違いますか

信用度、費用、税金などの面で違いがあります。

それぞれのメリットとデメリットは
あなたはわかりますか

 

どちらにするか決める際には、専門家
に相談することがおススメです。

その専門家とは

よろしく!

 

やはり税理士さんです

業して個人事業主ではなく起業して、
あなたが社長となったら

個人事業の確定申告書のように簡単に
できません。
特に法人税などの申告書については

事業を始める以上、複雑な税務会計処理
は避けて通れません。

 

起業当初から顧問税理士をつけるのが
一般的です。

税理士さんには、個人の確定申告で
お世話になったことがありますが、
起業するとやはり必要なのですね。

では行政書士は
いうと会社設立相談と手続きの依頼です。

 

関連記事

  1. 成功している起業家は、お金を使う基準を持っています
  2. 会社設立時の開業資金の借り方
  3. 会社設立の流れ15(合同会社か株式会社か?)
  4. 行政書士業務ごとの関連を知る
  5. 起業は、まだしないでください!
  6. 会社設立の流れ14(合同会社)
  7. 会社設立の流れ13(会社設立時の届出書)
  8. 会社設立の流れ25(本店所在地)

最近の記事

PAGE TOP