知財経営の実践(その3)

知財を経営に活かす=「知財経営」の実践
についての連載をブログで開始しました。
知財経営の実践(その3) 知財の宣伝効果

特許権を取得したら、登録された特許技術を製品に使用していることを宣伝しましょう。

自社の製品の包装やパンフレット、ホームページなどに特許登録番号とともに

特許取得を宣伝するのです。

これによって取引先や他の大手企業からの信頼が増します。

高い技術力があることを消費者にアピールすることができます

関連記事

  1. 知財経営の実践(その7) 特許出願とノウハウの保護
  2. 自分で特許出願するのは難しいです
  3. 知的財産権講座第289回:著作権の侵害かどうか?
  4. 行政書士業務ごとの関連を知る
  5. 知的資産経営その14
  6. 知的財産権講座第190回:著作権法のポイント
  7. 知的財産権講座第318回:公表していない著作物を保護したい
  8. 行政書士が知的財産権の仕事ができる

最近の記事

PAGE TOP