知的資産経営第8回:「知的資産」と「知的財産」の違い

「知的資産」と「知的財産」の違い

結論は、知的資産の中に知的財産は含まれます。
知的資産は知的財産より広いです。

知的資産=技術、ノウハウ、組織力、理念、経営哲学、
人材など

知的財産=ブランド、営業秘密、特許権、著作権など

両方とも企業の持つ「見えない資産」です。

知的資産経営とは、見えない資産=知的資産を
把握して積極的に経営に生かしていくことです。

このお手伝いをさせていただくのが行政書士など
専門家、知的資産経営コンサルタントです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第290回:コンサルティング契約を結ぶ時の注意点
  2. 知的財産権講座第141回:商品のネーミングを商標で守ることが大切…
  3. 知的資産経営第11回:あなたのは強みは弱みでもある?
  4. 知的財産権講座第26回:著作権の利用
  5. 知的財産権講座第243回:著作権の保護期間
  6. 知的財産権講座第144回:知っておくと役立つ特許の話
  7. 知的財産権講座第70回:会社の従業員等が発明した場合(2)
  8. 若手の女性を特許ウーマンに育てる

最近の記事

PAGE TOP