知財経営の実践(その7) 特許出願とノウハウの保護

知財を経営に活かす=「知財経営」の実践
についての連載をブログで開始しました。
第7回は、
知財経営の実践(その7) 特許出願とノウハウの保護
特許出願をして保護するのか、ノウハウとして保護するのか
知財戦略の視点から検討する必要があります。
検討するにあたっては、その特徴を理解し、
判断のポイントをつかむ必要があります。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第2回:特許調査は事業経営のために必要
  2. 知的資産経営第31回:中小企業には特許戦略がますます必要
  3. 知的資産経営その39(外国特許出願の方法)
  4. 知的資産経営その30(商標権活用戦略)
  5. 知的財産権講座第29回:著作権の利用
  6. 知的財産権講座第316回:著作権契約書の作成代行
  7. 知的財産権講座第104回:特許調査の方法(2)
  8. 知的財産権講座第163回:知っておくと役立つ特許の話

最近の記事

PAGE TOP