知財経営の実践(その8)発明の保護

知財を経営に活かす=「知財経営」の実践
についての連載をブログで開始しました。
第8回は、
知財経営の実践(その8)発明の保護

発明を特許出願して保護するかノウハウとして保護するかは、
2者択一ではありません。
新たな材料を開発した場合に、材料の発明は特許出願をして製造方法については、
ノウハウとして保護するという方法もあります。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第133回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  2. 知財コンサルティングとは?
  3. 「知財国際行政書士」になる
  4. 知的資産経営その37(他社からの侵害警告)
  5. 知的財産権講座第245回:著作権登録のメリットは?
  6. 特許調査をするための条件は?
  7. 知的財産権講座第155回:知っておくと役立つ特許の話
  8. 知的資産経営その29(意匠権の活用)

最近の記事

PAGE TOP