フリーランスとしての特許調査の仕事

フリーランスとして特許調査の仕事を
しています。
フリーランスとしての特許調査の仕事は、
「在宅」で自分のペースで仕事ができます。
仕事は、調査1件につきいくらの出来高払いの
委託契約です。
調査料は、新規性調査や無効資料調査などに
内容によって異なりますし、
クライアントによって異なります。
料金は、所要時間とは無関係で、自分の能力次第です。
ざっくりと、時給換算で、5,000円以上というところです。
20,000万円くらいの場合もあります。
特許調査の仕事に特別な資格は必要としません。
しかし、ただし条件らしきものはあります。
理工学部出身、できれば企業や研究機関で
特許調査の仕事では、募集分野が示され専門性があ
求められます。
実際の仕事を行うに際しても、技術の理解という点で
研究開発経験は必要かつ有利です。
この仕事のよいところは、とにかく自分のペースで
仕事ができるところです。
他の仕事との、隙間時間にやることができます。
また納期もギチギチという感じは、ありません。
・メールで仕事ができます。
・打合せで、外出する必要はありません。
・全国対応です。
費用対効果(コストパフォーマンス)が高い仕事です。

 

関連記事

  1. 知財経営の実践(その5) 特許情報
  2. 知的財産権講座第153回:知っておくと役立つ特許の話
  3. 知的財産権講座第242回:スマートフォンの外形デザインは著作物で…
  4. 知財経営の実践(その1) 将来の収益性予測
  5. 知的財産権講座第13回:パリ条約
  6. 国際著作権行政書士?!
  7. デザインを保護したいという相談
  8. 知的資産経営その2

最近の記事

PAGE TOP