あなたのブログを本にしませんか

出版社ギャラクシーブックスから執筆の依頼

のメールが届きました。

弊社は紙媒体の書籍の出版をさせていただいて

おりまして、今回「経営」をテーマで執筆して

いただける方を探しております。

そこで勝手ながら立花様のHP・ブログを拝見し、

関心を持ちましてご連絡させていただきました。

立花様のこれまでのご経歴やご活動内容をはじめ、

ご経験やこだわり、豊富な知識、ノウハウ、独自の感性、

人生観なども書いていただければと思っております。

そしてHP・ブログの内容を拝見し、立花様の発想やお人柄にも
興味を持たせていただき、 綴られている熱い想いや伝えたいことを
形に残る書籍にすることで、より素晴らしさが伝わると感じました。
そこで、執筆の依頼をしたくご連絡をさせていただきました。

ブログを書いている人にとっては、執筆の依頼は
うれしい話ですが、

そんなよい話があるのか?

とギャラクシーブックスを

調べてみると、

新手の「共同出版」(企画出版とかいろいろ言い方があります)
モデルですね.

つまり、出版に関わる費用を著者に一部(というか、

けっこうな部分)を負担させて、出版社側のリスクを

抑えるというやり方です。

著者が負担する費用が数十万とけっこう大きい。

有名でない著者の本が、そんなに売れるはずがないので
大赤字というとことです。

ということで、この話は無視することにしました。

まあ自尊心をくすぐられるお話でした。

関連記事

  1. 知的資産経営その22(知財活用の種類)
  2. 知的財産権講座第220回:著作権法上の契約のポイント
  3. 知的財産権講座第308回:著作権と行政書士(2)
  4. 知的財産権講座第59回:知財検定
  5. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  6. 知財経営の実践(その5)特許情報
  7. 今日は特許侵害訴訟の打ち合わせでした
  8. 知的財産権講座第22回:特許権侵害

最近の記事

PAGE TOP