「知財経営の実践」の記事の連載(第2回)

ものづくり.comで、「知財経営の実践」の記事の連載を始めました。

知財を経営に活かす=「知財経営」の実践について

連載で解説します。

1. 協同研究による知財活用

知財経営の実践については、その重要性が参考文献

のように報告されています。

ここでは、知財経営の実践について、さらに課題と活用方法を

解説します。

新製品の開発を始める前には、特許調査によって将来、他社が
参入してくることを抑制できるのかについて検討することが

必要です。

他社が参入してくることを抑制できれば、新製品の開発によって
将来の利益を確保することができます。

以下を、ご覧ください。

↓ ↓

知財経営の実践(その2)

関連記事

  1. 知的資産経営第16回:知的資産経営とは?
  2. 「知財国際行政書士」になる
  3. あなたが本を出版する際の注意!
  4. 知的財産権講座第244回:商標調査の必要性
  5. 知的財産権講座第229回:発明の進歩性
  6. 知財国際行政書士とは?
  7. 知財コンサルティングの具体的内容
  8. 知的財産権コンサルタントへの道

最近の記事

PAGE TOP