行政書士は知的財産権の出願手続はできません

当事務所に問い合わせ・相談をしてくださる方で
勘違いなさる方がいます。
知的財産権にかかる出願手続は弁理士の独占業務です。
当行政書士事務所では、知的財産権にかかる
出願手続はできません。

知的財産関連の出願を見据えた知的財産調査については、
提携先の特許事務所と連携して、ワンストップサービスを
実現します。
知的財産権調査から知的財産関連の出願まで
スムーズに進めていきます。

知的財産権分野において当事務所が扱うことのできる業務は
下記のとおりです。

★産業財産権分野
・ 特許権・商標権等の調査

★契約業務
・ 著作権・特許権・商標権等の売買契約書、
各種ライセンス契約書の作成

★その他
・ 各種補助金・助成金の申請

一般の方では、勘違いされても無理のないところです。
啓蒙活動が必要のようです。

関連記事

  1. 知的資産経営その6
  2. この絵は、あの絵にそっくり著作権侵害では?
  3. 知的資産経営その40(外国出願の手続きと費用)
  4. 知的財産権講座第274回:特許侵害の警告状を送付
  5. 資格の持つ信頼という力
  6. 知的財産権講座第73回:特許出願の拒絶理由通知への対応(2)
  7. 知的財産権講座第271回:事実の報道は、著作物ですか
  8. 知的財産権講座第124回:この場合は著作権の侵害になるの?

最近の記事

PAGE TOP