「知財国際行政書士」になる

「知財国際行政書士」になる

以下、日本国内で「国際」と付くものです。

まだ、あるかもしれませんが。

国際行政書士、国際法律事務所、国際特許事務所

これらは、国際的な仕事をしているという意味
だと理解できます。

以下は、なぜ国際を付けるのか
すんなり理解できませんね

●○国際カントリークラブ

△▲国際マス釣り場

国際ホテル

国際スキー場

国際とは、
複数の国家に関係していること。
世界的であること。

外国人に対応できない、外国人の来ない
国際ホテル、ゴルフ場、スキー場かも。

『国際』と名前つければカッコいいだろう
ということかもしれませんね。

私は「知財国際行政書士」を目指したいと
思います。

関連記事

  1. 知的財産権講座第227回:著作権の注意点
  2. 知財検定の勉強方法
  3. 知的財産権講座第309回:特許を持っていると儲かりますか?
  4. 知的財産権講座第51回:不正競争防止法
  5. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  6. 知的資産経営その50(社内人材の育成)
  7. 知的資産経営その11
  8. 知的財産権講座第201回:誰にでもわかる知的財産権

最近の記事

PAGE TOP