弁理士からのアドバイス

私の人脈は、理系の方々がほとんどです。

その中には、弁理士が何人かいます。

難関の弁理士試験に合格した彼ら、彼女から

知財の勉強方法、予備知識、法律の学び方の

基礎を教えてもらいました。

あとは、お酒を飲みながら特許事務所開業時

の苦労話も聞きました。

その中で、まず気になったことは、①です。

弁理士試験合格者は、合格後1~2年間は、

弁理士試験受験生の勉強の指導をするケース

が多いそうです。

個人ゼミのような形で、区民会館などを借りて

土日に開催するというものです

 

その弁理士も、そのような形のゼミで勉強しました。

合格した弁理士にとっても、自分の知財の知識の

再確認にもなるし、講師代も入るのでメリット有り

ということです。

行政書士試験は、論文試験は無いし、ゼミまでは

必要ないと思います。

しかし、おこがましいですが、先輩として後輩というか

これからの行政書士試験の受験生に拙い私の体験を

発信していこうかなと思った次第です。

さて、私もステップアップで、弁理士試験に挑戦だ!

とは、今のところ・・・は考えていません。

 

弁理士試験の難しさは、いやというほど

認識しているからです。

私より遥かに勉強面で、優秀な弁理士の知り合い

でも、今より試験科目の多い昔の試験制度ですが、
3年かかりました。
3年ならば短期合格の方かも。
他の弁理士は合格まで、5年かかりました。

 

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第322回:ネット上におけるマナーの問題
  2. 知的財産権講座第220回:著作権法上の契約のポイント
  3. 知的財産権講座第93回:外国出願の補助金制度を使う
  4. 知財メールコンサルティングで聞かれた事
  5. 新参者が、ガリバーに負けないため
  6. 起業コンサルタントと名乗ってはいけない
  7. 知的財産権の保護は、行政書士の仕事です
  8. 特許調査の報酬は高いです

最近の記事

PAGE TOP