行政書士は、こんなこともします

著作権で、もめないようにするための、
お手伝いを、行政書士はできます。

仕事としてお金がからむ場合は、著作権の問題は
慎重に対応する必要があります。

どこまでが元の著作物の引用で、盗作ではないのか?

難しい点です。

基本的に他人の文章や絵、写真などを参考に

する場合には、著作権規程の有無を

確認することが大切です。

慎重を期するならば、直接著作物の所有者や管理団体に
問い合わせることがよいです。

ちなみに著作権規程などのような重要な文書を
作成する場合には、その道のプロフェッショナル
である行政書士に仕事を依頼すると良いです。

 

関連記事

  1. 知財経営の実践(その5) 特許情報
  2. 知的財産権講座第275回:勘違い?著作権は登録が必要
  3. 知的資産経営その17(共同研究開発契約)
  4. ビジネスモデル特許を考えましょう(2)
  5. 知的資産経営第32回:特許調査費用の助成金を利用
  6. 知的財産権講座第232回:著作権法がなければどうなるか?
  7. 知的財産権講座第273回:特許調査のノウハウとは?
  8. 知的財産管理技能士とは?

最近の記事

PAGE TOP