特許翻訳のテストに合格しましたが・・・

特許翻訳のテストに合格しましたが・・・

米国特許(USP)の明細書を読んで
日本語で要約をするという仕事です。

独特の翻訳のルールがあり、特許請求の範囲の記載は
わかりにくい。

英語がめちゃくちゃというか読みにくい。

自分の専門分野とはいえ、化学は幅が広いため専門用語を
調べたりで、時間がかかった。

せっかく、トライアルに合格しましたが、
この仕事は、割に合わないし、勉強にも
ならない、と思って辞めようと思います。

 

関連記事

  1. 行政書士の自分を知ってもらうツール
  2. 知的資産経営その39(外国特許出願の方法)
  3. 知的財産権講座第116回:複数の社員が仕事で作成した著作物の著作…
  4. 知的財産権講座第328回:秘密保持契約を結ぶお手伝いをします
  5. 知的財産権講座第201回:誰にでもわかる知的財産権
  6. 知的資産経営その5
  7. 知的財産権講座第42回:商標権
  8. 知的財産権講座第81回:特許出願を公開する理由

最近の記事

PAGE TOP