知的財産権講座第145回:知っておくと役立つ特許の話

特許権の権利の範囲はどのようにして
判断すればよいのか

例えば、
電機メーカーA社は、液晶TVの技術の特許を
保有しています。

どうやら、最近、電機メーカーB社が発売した
液晶TVは、A社の特許権を侵害しているらしい
ということがわかりました。

A社は、どのようにB社に対応したらよいでしょう。

ここで、まず、確認しておきましょう。

B社の製品が、A社の持つ特許権の「権利の範囲」
に含まれなければ、A社の特許権の侵害にはなりません。

特許権は、発明という技術的思想であり、目に見えない
財産権(無体財産)です。

では、特許権の権利の範囲はどのようにして
判断すればよいのか 解説します。

特許権の範囲は、特許明細書の「特許請求の範囲」
の記載に基づいて定められます。

「特許請求の範囲」で、特許権の権利範囲が
決められます。

原則として、「特許請求の範囲」における全ての
構成要素が含まれている場合のみが、
その特許権の権利範囲に含まれるとされます。

例えば、A社の液晶TVの技術の特許において、
「特許請求の範囲」に、
「Xの材料とYの材料とZの材料を用いた液晶を
使用する液晶TV」と書かれていた場合、

B社の液晶TVが、
「Xの材料とYの材料を使用する液晶TV」であれば、
Zの材料を使用していませんので、A社の特許権
の権利範囲ではないということになります。

 

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第210回:改正著作権法
  2. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  3. 知的財産権講座第270回:コンピュータプログラムは著作権で保護さ…
  4. 知的財産権講座第313回:著作権に関する行政書士の業務
  5. 知的財産経営と行政書士(1)
  6. 知的財産権講座第275回:勘違い?著作権は登録が必要
  7. 行政書士の仕事は理解されていません!
  8. 知的財産権講座第204回:特許協力条約

最近の記事

PAGE TOP