知的資産経営第35回:知的財産管理とは?

知的財産管理とは、何か?

どのような仕事か?

それは知的財産管理技能士の仕事です。

私は、知的財産管理技能士ですので、
国家資格である知的財産管理技能士
の実務経験の分類から紹介します。

今回は、
●知的財産戦略

例えば、発明のアイデアを思い付いた場合、
特許出願をするか、
ノウハウとして保護するか
これは、企業にとっての知的財産戦略です。

特許出願をすれば、発明の内容が
公開されてしまいます。

無事に特許登録されれば、よいですが、
そうでない場合は、発明の内容を
模倣されてしまうリスクがあります。

一方、このリスクを避けるために特許出願しないで、
ノウハウとして保護するという方法もあります。

 

発明の内容を、よく把握して特許調査もして
会社として、どうすればよいのか
という知的財産戦略を立てるのです。

 

これは、企業では知的財産部門の仕事です。

企業の知的財産部門で働いた経験が
ある人で、行政書士として開業
している人も少ないです。

知財戦略=知的財産によって競争力を確保、会社を伸ばすための戦略
をお伝えします。

知財コンサルティングや知財に関するご相談は、
知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案
神奈川県大和市中央林間 行政書士立花技術法務事務所へ

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第78回:特許出願の拒絶査定に不服がある場合
  2. 知的資産経営第9回:新規事業のアイデアは簡単には浮かばない
  3. 知的資産経営その25(ライセンス契約)
  4. 知的財産権講座第244回:商標調査の必要性
  5. 知財関連の補助金の利用を考えてみましょう
  6. スパイ活動?
  7. 行政書士事務所の取扱業務
  8. クラウドワークスを利用してみました

最近の記事

PAGE TOP