情報はずっと商品だった

情報を売っている人
世の中にたくさんいます。

例の一つを挙げれば、「士業」です。
弁護士、司法書士、弁理士、税理士、公認会計士、
社会保険労務士、行政書士
など。

先生やコンサルタント、評論家もそうですね。
マスコミ、出版社、作家

本を買えば、情報を買っている訳です。

 

私達はごく自然と情報に対して、お金を
払っているんですね。

情報は、立派な商品です。

しかし、ネットでは、無料で情報が手に入る。

私達の情報を商品にするにはどうしたらよいか

皆さんのお役に立てる情報の提供と、その仕組み
を考えなければなりませんね。

関連記事

  1. 知的財産権講座第79回:特許査定とはなにか?
  2. 自分の客としてふさわしいか、面接する
  3. 知的財産権講座第263回:特許法は何のためにあるか?
  4. 技術系行政書士としてのブランディング
  5. 知的資産経営第30回:知的財産経営も必要
  6. 知的財産権講座第167回:デザインを保護したいという相談
  7. 知財経営の実践(その3) 知財の宣伝効果
  8. 知的財産権講座第203回:誰にでもわかる知的財産権

最近の記事

PAGE TOP