知的財産権講座第314回:知的財産権の流通を支援する

知的財産権の流通を支援する

行政書士が知的財産権の流通を支援する業務
も考えています。

例えば、以下です。

特許先行技術調査

実施権登録

権利譲渡登録

知的財産に関する各種契約書作成

専用・通常実施権使用許諾契約

ノウハウ使用許諾契約書作成

制作委託契約書作成(ソフトウェア・ホームページなど)

秘密保持契約書作成

知的財産業務は、それ自体が必要となる場合
だけでなく、他の業務を行っていく上で
必要が生じることも頻繁にあります。

新しく事業を創められるようなとき、是非とも
知的財産分野に明るい行政書士に
相談するのがよいと思います。

知財戦略=知的財産によって競争力を確保、会社を伸ばすための戦略
をお伝えします。

知財コンサルティングや知財に関するご相談は、
知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案
神奈川県大和市中央林間 行政書士 立花技術法務事務所へ

関連記事

  1. 知的財産権講座第66回:特許を受けるために必要な書類
  2. 知的資産経営第23回:知的資産経営と行政書士の役割
  3. 知的資産経営第26回:知財経営と知的資産経営の違い?
  4. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  5. 知的財産権講座第40回:知財戦略
  6. 知的資産経営その11
  7. 特許調査をするための条件は?
  8. 知的資産経営第34回:自社の秘密が漏れないような管理が重要

最近の記事

PAGE TOP