ニセモノも、まともに作れない中国メーカー!?

商標権の活用についての、現場のお話です。

仕事では、中国でのニセモノ(偽造品)対策
に頭を悩ませています。

今日は、中国でのある会社の偽造品調査結果
報告を受けました。

偽造品の包装と中身が全く異なっていたり、
ブランドマーク(商標)を間違っていたり
とお粗末なものもあります。

中国のユーザーからクレームは、
来ないのでしょうか?

商標権侵害で訴えることになります。
知的財産権の取得は、重要です。

詳細は、企業秘密ですが・・・
中国当局と一緒に、中国で偽造品の検挙や
、偽造品の密告制度を設けていますが、
なかなか効果が上がりません。

中国では偽造品の製造あるいは販売で検挙されても、
お金を払えば済むので、また偽造を始めるようです。
中国の役所は汚職天国らしいので、役人も
あてになりません。
偽造文化がある中国という感じですね。

また、中東ドバイでも、偽造メーカーによる
ニセモノ作りが横行しています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第89回:知財と条約 特許協力条約(2)
  2. 知的財産権講座第21回:知財戦略
  3. 知的財産権講座第321回:商標(ブランド)も行政書士の業務です
  4. 知的資産経営その41(海外模倣品対策)
  5. 知的財産権講座第309回:特許を持っていると儲かりますか?
  6. 知的財産権講座第34回:商標権
  7. 知的財産権講座第49回:商標権
  8. 知的財産権講座第280回:有名絵画の加工は大丈夫ですか?

最近の記事

PAGE TOP