行政書士の著作権業務のための勉強

著作権は、知的財産権の一つです。
著作権は、特許権、意匠権(デザイン)、
商標、不正競争防止、条約
などと
関連します。

著作権の知識だけでは、やはり対応
できない場合があると思います。

知的財産権全般の幅広い知識
必要とされます。

知的財産権全般の勉強をされるなら、
知的財産管理技能検定を受けられる
ことが、お薦めです。

この資格を取ることで、知的財産権
「最低限の知識」を得ることができますし、
また知識の確認をすることができます。
スタートに立つことができると思います。

後は、日々の勉強と実務経験を積み、
研鑽です。

私が、行政書士の著作権開業セミナー
受講した著作権専門の行政書士大塚大先生
は、Webサイトも、内容が充実されています。

知財管理技能士1級も取得されています。

私も、大塚先生のWebサイトで勉強させて
もらっています。

私も、さらに日々、勉強と研鑽を
積んでいこうと思います。

関連記事

  1. 知的資産経営第23回:知的資産経営と行政書士の役割
  2. 知的財産権講座第275回:勘違い?著作権は登録が必要
  3. 商標登録出願は、いつしたらよいのか?
  4. 知的財産権講座第170回:登録商標の管理の相談
  5. 知的財産権講座第34回:商標権
  6. 知的財産権講座第326回:システム開発委託契約を結ぶ時の注意点
  7. 知的財産権講座第144回:知っておくと役立つ特許の話
  8. 知的財産権講座第274回:特許侵害の警告状を送付

最近の記事

PAGE TOP