知的資産経営第26回:知財経営と知的資産経営の違い?

知財経営と知的資産経営の違い?

 

私の経験に基づき、知財経営の概略を
紹介したいと思います。

知財経営は、知的資産経営の一部だと
考えます。

知的資産というと、特許がすぐに思い
浮かびます。

しかし知的資産は、目に見えない企業の
持つ資産も含まれと思います。

特許にできない、あるいはあえてしない
ノウハウもそうです。

経営者の経営哲学や、優良な顧客との
関係などの広い意味の知的資産です。

知的資産のうちで、特許権や商標権などの
知的財産権に関わることが、経営の根幹
となる場合は、「知財経営」が必要
かつ重要となります。

私の勤務するメーカーは、まさに「知財経営」
を推進している例です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第171回:行政書士は商標調査も行います
  2. 知的資産経営その18(大学との共同研究)
  3. 知的資産経営その28(意匠出願)
  4. あなたのブログを本にしませんか
  5. 行政書士は、攻めのコンサルタント(1)
  6. 知的財産権講座第79回:特許査定とはなにか?
  7. 知的財産権講座第254回:著作権の相続も重要
  8. 知財関連補助金業務

最近の記事

PAGE TOP