知的資産経営第6回:事業を継続するために必要なこと

事業を継続するために必要なこと

日本に100年以上続く長寿企業は約2万5千社
200年以上続く企業は、3000社以上。

これは、2位のドイツを2倍以上も引き離して
ダントツの世界No.1。

ニッポンは、老舗大国なんです!

世界最古の企業も日本にあります。

これは、私としては少し驚きでした。
老舗が多いというと、ヨーロッパかな?
と思っていました。

日本の長寿企業へのアンケートで
「老舗企業の強みは何ですか?」

その回答は、第一位が「信用」、二位以下は、
伝統、知名度、地域密着、信頼が厚いと
続きます。

まさに知的資産そのものです。

 

物的資産や財政面での優位性は、
ほとんど登場しません。

企業が永続的に発展していくためには、
目にみえない資産こそがキーなのです。

 

<行政書士が「知的資産経営支援」に取り組む
Newtonより>

事業継続のためには知的資産経営をすべきです

起業するのは、今の時代は簡単ですが、
継続するというのは本当に大変なことです。

では、長く継続している中小企業の秘訣は?

自分の事業の見えない資産=知的資産
を見出し、経営に生かしていくことです

「知的資産経営」

見えない資産=ノウハウ、組織力、理念、
経営哲学、人材など

商品開発力、営業の力、財務体質などの
目に見えるものではありません。

知的資産経営とは、見えない資産=知的資産を
把握して積極的に経営に生かしていくことです。

このお手伝いをさせていただくのが行政書士など
専門家、知的資産経営コンサルタントです。

行政書士として知的資産経営支援に
取り組みたいと思っています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第169回:商標調査
  2. 知的財産権講座第177回:著作権の侵害
  3. 知的財産権講座第120回:著作権を許諾なく利用できる場合
  4. 知財コンサルタントに求められること?(2)
  5. 知財経営の実践(その6) 特許調査
  6. 知的財産権講座第9回:意匠登録の要件
  7. 「知財経営の実践」の記事の連載(第24回)
  8. ニセモノも、まともに作れない中国メーカー!?

最近の記事

PAGE TOP